コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

I don't care。

八月に入った。

今年は酷暑。と言え、7月は各地で水害も多く、本当に、今リアルに苦しい思いをしている方々も数多い事思うと、暑い暑いなどと言ってはいられないのだ。

それでも自身の生きているこの範囲内での思考で生きてしまう。私は小さなものだと思う。

でも、こんな事も軽々しくは発してはならないけれど、今も苦しい中戦っている皆さんが早く、ほんの少しでも穏やかになりますように。


体調はタイトルそのままだけれど、頑張らねば!の時なので、気合いで夏も越してゆこうと思う。

昨夜は本当に久しぶりに、今も胸が痛い夢を見た。
敬愛している、あるアーティストが夢に出てきた。
若干夢操作の出来る蒼羽も、最近は操作に力が入っていなかったらしく、うまくはいかなかったので(笑)ナチュラルに見た。

その方はひどく苦しんでいた。打ちひしがれたように動けなくなっていた。
私は「助けなければ!!」、その一心で、彼を、多くの目から避けられる自分の住んでいる様子のマンションに、必死で連れ帰った。
夢なのでたいそうな事になるものだけれど、顔も傷だらけで、腕も血が流れていて、汚れていて、彼は白いシャツを着ていたのだが、ここそこ血が滲んでいた。
「行かなきゃならないんだ。」
何回も私に言ってたのが鮮明にまだ耳に残っている。
力なく、でも必死に搾り出した声だった。
「分かってます!!分かってるけどだめです!」
私は本当にもう、必死だった。
死んじゃうと思った。
早く傷をふさがなきゃ。早くなにか水分を摂ってもらわなきゃ。
早く早くと思いながら、涙が信じられないくらい出てうまく手が動かなくて。顔の傷から出た血を少しずつ拭きながらただ一生懸命彼の手を握ってた。その感覚も今も手に残ってる。
それを、彼は力なく、でも、なんだか悲しそうに見てた。

でも、夢の場面はいつしか変わって、その後の時間へと。
彼はステージに向かう日だった。
なぜか会場に入る彼を見守ってから、私はライヴに行くでもなくただ見送った。
その時に、「どうかどうか、ちゃんと元気で沢山生きてください」
そう、一人で言った。
そして振り向いたら本当に今住んでいる家のまん前に私はいて、窓から私の娘花音が、ニャ~って私を呼んでる声を聞いて目が覚めた。

という。夢話をショート風に書いてみたり(笑)
共有の友なら分かってくれるんだろうな^^

夢は時に、心の深い所の思う事を映し出す。なんでこんな夢見たかなんて、簡単なことなんだけれど。
全てをさておいて、大好きなアーティストの手を握り締めたという記憶のすり替えを勝手にして、どきどきしてみて、今日はこれから仕事。

さあ!頑張ろう。
夏バテせずに蒼羽はダイエット成功するか否か!!!!!
これだけ、祈っててやってくださいね(笑)

ではまた。


良い日曜日を。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

蒼羽

Author:蒼羽
個人創作サイト「永遠満月永久新月」管理人。創作を生きる糧としている自他共に認める(?)魔女の蒼羽(ソウハ)です。

創作しながら生きてゆく事、それが私の一生。

この「月の夜の独り言」は、私の心の一部分を、毎日とはいかないけれど、出来たら長く綴ってみたいと思っていますので、良かったら読んでやって下さい。

黒ねこ時計 くろック D02
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。