コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

穏やかなる眠り。

去る、4月23日の夜。

私の愛する、父の様な祖父が、その生涯を、終えた。

この前の独り言を書いていた時には、覚悟はしていた「その時」は、私に、沢山の大切なものを残してくれたのだった。



ちょうどその日、母、弟、私の三人共仕事は休みだった。
前日22日には、夜一度昏睡状態になった祖父の手を長い時間握りしめながら、私はすぐそこに終わりを確信していた。その日は私一人で祖父についていたが、23日は昼前に家族揃って祖父の元へと急いだ。

その時今一度意識を戻した祖父は、私達に沢山笑顔をくれたんだ。
優しい穏やかな笑顔。

そして、21時前、病院から電話があった。
私はその時祖父のいる病院のすぐ近くにいたので、ものすごい勢いで走った。少し走ってる時の記憶は飛んでいるんだけれど・・・。

駆け込んだ病室ではもう、酸素マスクも外されて、看護士さんが自ら手で押すポンプ式のマスクで、必死に酸素を送ってくれていた。

先生が「心臓の動きはもう微弱です」と言った。
おもいきり祖父の手を握りしめた私は、「じいじもう、大丈夫、ママもGもすぐ来るから待っててね。もう、頑張らなくて良いから」って・・・うん、無意識に叫んだと思う。

母と弟が到着し、みんなで祖父の手をとって本当にすぐ、祖父の鼓動は、止まった。


昨年6月癌手術を83歳で9時間半かけて頑張り、それから食べられなくなっても、肺炎を併発しても、穏やかな顔で頑張り続け、いつも笑顔で、話せていた時はいつも私達家族への心遣いばかりだった優しいじいじ。
その最期はやはり、穏やかな穏やかな顔で、目を閉じた。

うん、この、愛おしい私の祖父の死は、確かに大きい。
でも、本当に家族でゆっくりと送れた事、心ある親族、心ある皆さんに送って頂いた事、今「感謝」と「幸せ」すら感じる。

お通夜からお葬式、そして今また我が家に祖父が帰ってきたこの数日、もう、分からないくらい泣いたけれど、後悔であるとか、悔いであるとかは微塵もない。

そうだ、やっとじいじと、お酒を飲んだ。私の飲み友達でもあるんだ、じいじは。
だからね、大好きだったお酒、大好きなおうちで最後にまた二人で飲んだ。
嬉しかった。

死後、どんどん穏やかになり、笑顔にすらなった祖父の眠った顔は綺麗で、綺麗すぎてまた涙が止まらなかった。

そうね、独り言にすら書くことでもないのかもしれない事。
でも私は、やはり祖父の死に対して、なんの悔いもないし、残しておきたい記憶だから、少し落ち着いた今夜ここに残そうと思った。

以前、サイト内エッセイにて、元気だった時の祖父と私の事を書かせて頂いたけれど、もう少ししっかり落ち着いたら、もう一つ、祖父についての書き留めておきたい事を、この独り言の延長にはなるだろうが、書こうと思っている。


生きるとは、そして死ぬとはー。


私にもいつかこの体の終わりは必ず来る。
今単純に思うのは改めて、「必死に生きよう」。これに尽きる。
そして私はやはり言葉を綴り続けたい。

今はまだ、沢山の祖父との記憶の回帰とともに毎日はあるが、仕事は最短の休みしかとれないくらい忙しい所なので、月曜から仕事にはもう出ているけれど、逆に「頑張ってくるねじいじ」って、笑って思いながら仕事できている。

この、新しい気持ちや心の中の感覚は、死とともに祖父がくれたものだ。
大切にしたい。


明日もお仕事。
一日休んだら、連休中は7連勤だし忙しいんだろうな。
でも、気合いで蒼羽、頑張るわ(*^_^*)


最後になってしまいましたが、私のサイトをいつも見てくれている皆さん、そして祖父の入院中には、私を沢山励ましてくれたみんな、心からありがとう。本当にありがとう。

この、仕事の忙しい時期を終えて、自分の心もしっかりしたらまた創作の蒼羽起動します。


伝えたい思いと作りたい思い、そして新たな構想は、いっぱいなので・・・・・。


じいじ、貴方は私の誇りだよ。これからもずっとね。
沢山、沢山をくれて、本当にありがとう。

さあ、明日が来る。
眠ろう。





愛しい人、大好きな皆、私はもう、大丈夫(*^ー^)

また走りだそう。
新しい、夜を照らす美しい月の下を。
この現世に与えられたこの体の、最後まで。



おやすみなさい。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

私は、祈らない。

こんばんは。
桜も終わり。そうね、もうすぐツツジの美しい季節だわ(o^-^o)

サイトの作品はまだUP出来ず、お待ち頂いている方、申しわけない思いだ。


私の愛する祖父の終わりが、すぐそこに、来ているようだ。
何日前に会いに行って、私が感じた事だ。
もう、胃に開けた穴から入れる栄養すら逆流して肺に入ってしまうからそれも出来なくなり、今は点滴のみの、一日僅かなカロリーしか、彼の体にはもう、入らない。

そう、話もしなくなった。話せば笑顔と頷きで返してはくれるし、帰り際は一生懸命に手を振ってくれる。


しかし・・・今はとにかく自分の心に隙を作るのが少し怖い。
隙があれば記憶も現実も音も声も色んな風景も、祖父と自分の共にある時間の全てが嵐のように私の中で止まらなくなる。

だから、仕事で疲れるのもいい。
そしてものすごい勢いの睡魔にも、抗う事なく眠る。


最近食べたいものがないわね・・・。
ああ、甘くないアイスコーヒーと、タバコ。あと時々和菓子くらい。
お酒はここ一週間は、飲んでないわ。

時々思考も飛ぶからお疲れ蒼羽ちゃんかしらね?(笑)
明日はやっとお休みだからこれからさっそく眠りましょう。

あ、ベーグルパン、食べたいかもしれない・・・・。

それではまた。





私は絶えず笑う。
頑張っているじいじ。
大好きなじいじ。
最期まで私は笑ってるから、心配なんか、しないでね。
私は、祈らないから、もう。
もっと沢山生きていますように、も。
もっと頑張れますように、も。
充分すぎるほど未だ頑張っている貴方に、求める事も何一つない。

ただ、傍にいるからね。
いつも私はじいじの傍に、いるからね。
また明日会いに行くよ。
待っててね。


おやすみなさい。

コンテントヘッダー

満月と、優しさと、胸の痛み。

仕事は相変わらず忙しく、少しまた腰にきた様だけれど、職場環境は良いし、店長とはものすごい勢いで仲良くなったので楽しい。

それでも少しだけ体力も出てきたかな、と感じながら(寝るのはものすごく早くて勝手に落ちてる日が多いけど(笑))毎日早起きも苦でなくなった。

そんな折り、四日前くらいだっただろうか。
入院中の祖父の容態が急に悪化した。
生きていられるぎりぎりまで血圧低下。発熱。肺は随分痛んでいるようだ。
その日、もう逝ってしまうのかと、本当に思ったし、一週間が山場だと医師から言われた。
私はそのあたりから、心の中に大きな大きな蓋をした様だ。
いや、蓋をすると言うより、思い出し考え感じるスイッチをOFFにした、という感じかもしれない。

祖父との思い出は、沢山沢山ありすぎて、大好きな祖父だからなおさらそうなったかもしれないし、とにかく祖父の実の娘である私の母の気持ちを思うと、どうあっても私はしっかりして、ママを支えようと、そればかりの心中だ。

祖父の容態の悪くなった夜、母と弟は眠れなかったらしい。
私は、寝た事のない様な早くから、ものすごい深い眠りについた。
自分のことは分かってる。
不器用なものだな、私は。その上まだまだ弱いんだ。
そう思う。

でも、今四日が経ち、祖父は安定している。
勿論突然最期が来る可能性などは大きい。
彼は長い、一生懸命に生きた人生の、休暇に入る準備をしているかの様。
それでも私が行って「気合いで頑張らなきゃだよ!ほら、熱も下がったし顔色いいよ~!」て言ったらにこにこだし、頑張れというと「よっしゃ」と返答が返ってくる。

祖父は自分の体については分かっている「状態」もあるはずだ。
だけど笑うんだ。

だから、最期まで、私達家族は、大好きなじいじにいっぱい笑おうと思う。

そして私はもっと頑張ろうと思うんだ。
なんにせよ、もっと「生き」ていたい。

頑張ってるじいじ。家族。
皆優しい。
優しいんだ。
切ったスイッチはそのままな、壊れてもいる私だけれど、もlっと頑張る。

そう昨日の丸い月を見ながら思ってた。

呼吸が止まるまで「生きよう」。
この胸の痛みを振り払ってでも。


ではまた。
今夜も綺麗な月の光で、貴方が穏やかに眠れます様に。

おやすみなさい。
コンテントヘッダー

春を感じて。

仕事量がスタッフ数を越えた仕事場で、店長共々一緒に悩みつつ、頭痛と格闘しつつ毎日120は力出してしまって。帰宅後はバッタンキュ~という言葉が似つかわしい蒼羽になっていて(笑)、創作進まないってば怒りマーク

しかし、もう少し体力もつけばなんとか出来ると今は我慢我慢!で、今夜はせめてと、是非皆さんにも(*^_^*)と思ったので、ここ二週間ほどで、高知の山田方面や、五台山牧野植物園に行って来て、沢山春の花や自然を見つけ、それでも幸せな気持ちいっぱいで頑張れているので、久々にまたPhotoGalleryに数点UPしたので、見てみてやって下さい。

写真にはないけれど最近一目惚れしたお花は「姫ウツギ」。
白くて可愛いお花の姫ウツギは、さっそく園芸店にて2苗買って植えた。
今可愛く咲いているので見る度幸せハート


あとは、そうだな、山に入って、自然の中で何時間も過ごしていて、感じて、「一つの」結論が私の中に出た。
人の手、自然に触る事なかれ。

どんな綺麗な場所にもプラスチックゴミや、カンを捨ててあるのを見る。悪くしたら谷間は勝手な産廃場になっている。山の斜面を不燃物投棄場にしている馬鹿がかなりいる。
悲しい事だった。
というか、恥ずかしい思いだった。

人は高等な知的生命体かというとそうでもないわけだ。

自然がなくなれば、全ての生態系は崩れる。
少し視点は広くなるが、人の招いた温暖化がなければ、どれだけのシロクマが死なず、自然と共に生きられたであろうか。

人とは、傲慢であると、思う。
それは、私は違うのよという意見ではなく、私とて、気付かず自然をくいものにしているのかもしれない。
美しい自然は人の手の届かないところほど美しい。
そうである事を、もう一度私達、きっと考えなきゃならないね。

ま、そんな蒼羽的独り言なので、お許しを。

とにかく、春に花を咲かせるその一つ一つが愛おしいって、すごく思う春になった。
それって、ほんと幸せね(*^_^*)

どうしても、だから消えない記憶が欲しくて、カメラを持つ様になったんだと思う。
記憶に残したい光景を、忘れないように撮るんだ。

心が色あせない様に生きたいね(o^-^o)



ではまた。


昨夜見た夢の貴方は、私に行こうと言った。
それは大きな桜の木の下で、花びらが雪のように散っていた。
私は貴方の手を、とりたいんだ。

安らかな夢を。
おやすみなさい。
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

蒼羽

Author:蒼羽
個人創作サイト「永遠満月永久新月」管理人。創作を生きる糧としている自他共に認める(?)魔女の蒼羽(ソウハ)です。

創作しながら生きてゆく事、それが私の一生。

この「月の夜の独り言」は、私の心の一部分を、毎日とはいかないけれど、出来たら長く綴ってみたいと思っていますので、良かったら読んでやって下さい。

黒ねこ時計 くろック D02
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。