コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

季節の過ぎ去る早さ。

もう、今日で2月も終わり。
早いわね!

先日会社から辞令が下りた。いきなりFAXよ。品がないわね。

そして私は今の職場よりまだ遠い店舗へ3月16日から異動になった。
ので、高知の皆様、蒼羽はりまや橋辺りから消えます(笑)
本当は転職も真面目に考えた。
でも、今の場所が醜悪過ぎるので、ここで辞めてやるものか、的な、蒼羽さん戦闘モードスイッチがONしたので、ええ、もう少し今の会社で頑張ってみるわ♪*:・'(*⌒―⌒*)

辞める時にはまたこちらに「辞めちゃった絵文字名を入力してください」って報告します(笑)

うん、救われてるのは本当に体も心も、創作に傾いているので、仕事はおろそかには勿論しないけれど、前よりは自分になれている、気がするんだ。
頭痛と胃痛・・・はおさまらないけれど(^▽^;)
かかってこいよ(笑)くらいでいきたいものだと、思う。
前向きに前向きにだ。

ああ、数日具合が悪かったのは右目。
異物感が取れなくてよく見たら白い部分に水ぶくれみたいなのが出来ていて、日に日に成長。
コンタクトしんどくなったし、今日は眼科へ行って来た。
そしたら、結膜リンパ管拡張という症状で、なんらかの理由で目の中のリンパが詰まって、こういう水ぶくれみたいな溜まりができるとの事。
でも問題ないみたい。
問題あったら困るけれどね!!
なんにせよ、いまいち自分の調子の悪さには、敏感そうで鈍感なので、もう少しセルフケアしなくてはと思った。
あ、顔も数カ所ものすごく荒れていて次は皮膚科行きなの~(>_<、)
まぶたと目の下なの。乙女としては大問題よ(笑)

でも、そんな中小説はもうすぐ後編書き終えるので(何回も書き足しや削りしたら時間が経っていたわ)楽しく創作している。
あとは絵を描きたいから、ポストカード絵でも、久しぶりに描こうかなと思う(*^_^*)


自宅の庭を見ると、もう、春だ。
入院中の祖父の励みにもしたくて、先日は小松菜とチンゲンサイの種も撒いてみた。
うまくできるかしらハート
「私が作った野菜が出来るまでに歩けるようになってはやく帰ってきてよ!!」って、うるさい孫になっている(笑)

さて今夜は、へたでも愛おしい自分の小説の主人公、スカナと少し話してから眠ろうと思う。
スカナが考える時は、私も考えている時だから(*^_^*)



今夜は最後に、素敵な音楽探し途中で見つけたこの一曲を。
坂本真綾さんで「ちびっこフォーク」
私は少し前まで、この方の名前は知っていたのに、ず~っと、坂本龍一さんの娘さんだと思っていた。間違えたと気付いただけよしとしよう(笑)

坂本真綾さんは、声優さんでした。とても綺麗な声で素敵な歌声で、好きになったの(*^ー^)



ではまた。

優しい夢を。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

「Gackt Live Tour 2008-2009 Requiem et Reminiscence II ~再生と邂逅~」in高知

Gackt。

私の人生と精神を救い、生きる力をくれた私にとっては唯一無二の、アーティストだ。

今やその存在は世界的なものとなっている。

そのGacktさんの3年ぶりのツアー「Gackt Live Tour 2008-2009 Requiem et Reminiscence II ~再生と邂逅~」が、昨年12/14埼玉から、最終2009.4/11沖縄まで、全52会場という過去最大規模で、現在進行形で行われている。

私はファンクラブに入っているので早くにお知らせをいただいたが、その公演の多さにまず驚いた事だった。

高知に住む私は勿論、今回ツアーとしては二回目だけれど、高知もまた会場にしてくださっていたので、感謝いっぱいの思いで去る2/16、勿論高知県民文化ホール(オレンジホール)でのライヴに、行ってきた。

寝れなくて(笑)前の夜ね。ドキドキして。しすぎちゃって蒼羽。
寝付きは悪いし朝は早朝にもの凄い勢いで目が覚めた。

だってすごく待ってたの。すごくすごくね。

一緒に行ってくれたのは、Tukasa。私は仕事はしっかり休んでいたけれど、Tukasaも仕事は早退してくれて。
TukasaはGacktファンでは、なかった。でも、私と会ってからはもう、マインドコントロール並みに(笑)Gackt~Gackt~と聞かされ、でも、Gacktさんの世界を今、本当に理解し、共に話せる人となってくれた一人のDearsだと、私は思ってる。

さてドキドキなままオレンジホールに到着して、来ている皆さんをくるりんと見渡した蒼羽。

蒼羽「三年前の高知ライヴの時よりものすごく年齢層・・・・・上がってるね?」
Tukasa「ん?!あの人達もか?」
蒼&T「おおう(゚〇゚)!!!」

それは、ファンの皆さんなら当然分かる事だけれど、大河ドラマ「風林火山」にて、Gacktさんが演じた長尾影虎(上杉謙信)は見事であったし、その評価はひじょうに高かった。
そして、その「大河を見ていた年輩の方々」のハートも、Gackt様は、わしづかみハートそんな方達も、今回このライヴに来たのだと感じた蒼羽。

だってね、開演前トイレに行こうと並んでいたら、私の前には二人のおばさまがいたの。
私はオレンジホールに隣接されているグリーンホールでなにかの催しでもあって、そちらに来た方だと思い込んでいたら、「すごいねえ」「あたしら場違いな感じやねぇ」という会話が。
(ん?)と思ったら、その手には完全にGacktのチケットが握られている。
す、すごいなぁ!!!!
蒼羽はしみじみ、大河の影響力を感じたのであった。
((これはあくまで蒼羽の見解ですので、違ったら申しわけありません))
そんな皆さんは今回どんな感想だったか、聞きたいな(^_^)ほら、影虎じゃなくてGacktなわけなので、そしてライヴは爆音なわけで、美しくも激しいわけで。
ライヴでも感動できたなら、というかGackt様はアーティストでありライヴ!!のお方なので、年輩の方達にも感動してほしいな。
きっかけはなんでもいい。Gacktの世界を愛するのに歳は関係ないのだから。

勿論黒服率に関しては変わらず高いし、蒼羽も今回はアーミー系黒シャツにドクロとクロスの付いた黒ネクタイ、そしてスカートをはこうと思ったのにあまりの寒さについ負け(笑)、下も黒系のパンツ姿だったので、黒かった。(私の場合、いつも黒い人ではあるが)

会場の様子を見てたら、皆さんGacktが大好きでここに集まったんだ。そんな方達といるんだなというのも、なかなか気持ちの良いものだった。今回はGacktさんのライヴに行きたくて仕方なかった、私のお姉さん的存在でありお友達のNちゃんも初参戦できたし、嬉しかったわね(*^_^*)

さて、ライヴの模様は勿論ですが書きません。まだ4月まで続くツアー。これから行く方も沢山だから当たり前だけれど。

ただ、この日、ライヴは約3時間!!
ものすごい濃く素晴らしいメッセージ、それに伴う感動と、感激と、涙と、これからの力と、そしてホントに思い切り笑える時間も、Gackt様はくれました。
Gackt様と、メンバーの、茶々姉様(いえ、お美しい男性だけれど)、YOUさん、Ju-kenさん、Jun-jiさんという、みんなだ~~~い好きな方達ありがとう!!!!!!!

また、このツアーの舞台のセットがすごくて勿論楽器もだけど、これは時間がかかるわ!って思った。
というのも、このライヴ日は2/16。
だけど、本当に偶然に、はりまや橋近くに勤務している蒼羽が2/13(金)に、休憩に外へ出た瞬間、目の前の道路にツアーの大型トラックが!!
(え?もう高知に入ってるんだ!)
と驚きともうドキドキばくばくで、つい写メ撮ったもの(笑)
G
はい、はりまや橋真ん前のからくり時計前です(^_^)
ミラクルハッピー♪だわよ。ツアー車見れてないファンの方、どうぞ画像小さくて悪いですが保存などはどうぞ(o^-^o)

とにかく、このライヴは素晴らしかった!!

今もリアルに音やGackt様の声や会場の空気が自分の中にあるので、うまくまとめられないけれど、
私は改めて思ったの。
Gacktさんに逢えて、良かった。って。

だから本当に、ありがとうございました。

私はもう、暴れ続け叫び続け、Tukasaも同じくで、ライヴ後二人は若干灰になっていました(笑)
完全燃焼。

オプションで、数日前からまた腰痛が起こっていた蒼羽は、暴れすぎて腰を幸せに悪化させ病院へ、ついでに風邪をひき、それでも全然気にしていない幸せ具合ハート天使  (笑)

そうだ、多分これを見られる確率は低いのだけれど、蒼羽達は8列目22,23番でしたが、蒼羽のお隣、20、21番の二人の可愛いお嬢さん、元気いっぱいだったので気兼ねなく蒼羽も叫べました(咆哮に近かった様な・・・)どうも、ありがとうございます。
そしてTukasaのお隣24、25番の、赤いオソロイのウイッグつけた二人のお嬢さんもとても元気な方達で、この列はものすごくもりあがってましたね?
皆さん、ありがとうございました(*^_^*)

そしてなによりTukasa、お疲れ様&どうもありがとう!!!
帰りは痛くてまさに腰砕け(笑)した蒼羽を引っ張って駐車場までたらり
ほんとに世話のかかる魔女ですみません(泣笑)

この素敵な記憶をいつまでも胸に、また頑張れる。そう思った。

今回は完全に私事の中の私事な独り言になって申し訳ない。
お許しを。

それでは、小説UPまで、いましばらく待っていてやってくださいね(*^_^*)

ではまた。


誰かから、力をもらって生きている。
もっと強くなって、私も誰かに力を送れる様な私にと、誓おう。

貴方は私の、生きられる、生きてゆける理由だ。

おやすみなさい。


コンテントヘッダー

欠けない月。

少し疲れが溜まったり、少し笑顔になれない夜はなんだか決まってベランダの窓を開ける。

その日が満月だったり、満月にひどく近い状態ならば落ち着く。でも、半分だったりすると、そういう時は何故か、(いつも満月ならば良いのに・・・欠けてしまわなければいいのに・・・)とふと強く思う私がいる。

これはひじょうに身勝手な思考であるのは自身で充分理解している。

だって私は半月も三日月も、好きなのだから。

そして月は、この地上から満ちて欠けてと光って見えているから、それに生まれてからずっと慣れているから思いうる事だ。そう、月はこの上に、いつも丸く存在している。

見える何かで安心する。視覚が精神と繋がる。
なんたる身勝手な人的な心の変化だろう。
そういう事を今夜は少々考えていた。

そう今夜、雨模様の空であると知っているのについさっき私は無意識にベランダの窓を開けて空を見上げたんだ。だからこういう事を考え始めた。

ベランダを開けたら雨の香りがした。
でも、その中に春の香りが混ざっていてはっとしたというか、ほっとして、深呼吸してからこうして独り言を呟きだしたんだ。

でも、こんな心の動きがあるのも、私もまた生きてるからかなって、とりあえず今回は自分を許してやることに(笑)してみた。(甘!!)



お話は変わり高知は数日ひどく暖かくて怖いくらい。
もう春一番が吹くと言っているんだもの。
木々や、これから花を咲かせる蕾たちは、芽吹こうか、咲こうかと、お隣同志で囁き合ったりしてる気がする(^_^)
でもまた寒が戻るという事なので、自然の中の生き物たちは大忙しね。
だけど、気温より先に自然は四季を感じるから、大丈夫かな。
まだ寒いのになと思っても、固い木の枝から柔らかな葉などの出てきているのを見つけると、本当に愛おしい気持ちになる。

きっと私達人はもっと、そんな自然に目を向けて、ほんの一つでいいから、もう少し自然に帰る生き方をしなきゃいけない時を、リアルに迎えていると思う。
あるいは、もう遅いのかもしれない。
それでも気付く事がきっとこの時代と世界には必要なんだろう。

私ももっと沢山自然に目を向けながら、日常の現実を生きたいわ。

とにかくは、まずあと・・・一ヶ月半かしら?
大好きな桜桜1の咲く時を心待ちにしよう(*^_^*)

少しだけ頭痛の起こる日は続いているけれど、元気を出して、小説を書き終えよう♪
もう少し、なの(*^_^*)

ではまた。

貴方の心、そして私の心にも、優しい月がいつもあればいい。
そう願う。

おやすみなさい。
コンテントヘッダー

充実の一日。

今日、ではなくもう昨日だわ。

10日の休日は、久しぶりの久しぶりに、友であり創作の同志である、 「h+h」創作管理人でもある、あいざるちゃんと高知市中心街(?)にて、ランチして沢山お話したハート 黒 

勿論創作話だとか、お互いの日々だとか、ブタってなんて可愛いんだろうとか(笑)それはもう、しゃべりっぱなしの半日を二人で過ごせたのでものすごくものすごく!!楽しくて幸せな日に o(*^▽^*)o~♪
そしてあいざるちゃんが、「これは蒼羽っちだから買わなきゃ!!」と握りしめて(であろう(笑))くれた一品、プレゼントまで戴いた(TOT)
CROW MOON
ペンダントヘッド。(クロスとチェーンは私の)なんて素敵な三日月とドクロのコラボred-GL
あいざるちゃんが、「DEMON’S CROW」という蒼羽の大好きなお話を書かれているので、そこからとこの形状から「CROW MOONちゃん」と名前を付けて、大事に身に付けさせていただこうと思うの♪
守ってくれそうだし☆
ありがとうあいざるちゃんo(T∀T)o

そして、さすが蒼羽&あいざるコンビは、ツボは外さないと確信。
街を歩いていたら、なんだか変わったジュースを売っていたので(でっかいタピオカがごろんごろん入ってるの)二人で買って、高知の「ひろめ市場」という、色んな飲食店やちょっとした服屋なんかが入った集合屋台系な場所のベンチにていただきながらまた話していた時の事。

蒼羽の目にへんな絵が(ポスター的な)飛び込んできた。
「ん?・・・・・・・・・・・・・・ブハーッ(笑)あいざるちゃんあれ見てあれ!!」
そこには高知名物カツオのタタキや地酒を戴けるお店があって、その店に貼ってあるポスターの中のアニメなイラストと書かれている文字!!

「鮮度守護神 タタキマン」

あいざる&蒼羽「ポカーン → 爆笑」
ものすごくよく見るとものすごくこじんまりとその横に、なんとストラップとTシャツ販売の文字!!
タタキマン1  これ!なんと限定品(笑)

二人「買うしか、ないね・・・・・・・・・・・・・・・・。」

タタキマンストラップ。
で、タタキマン(青)を蒼羽、タタキウーマン(ピンク)をあいざるちゃんが買ったわけで、記念撮影。

なにをしているんだ、この二人。
いえ、でもね、二度目に吹いたのは帰宅してから。
タタキマン公式サイトがあったのね。
しかもね、なにこの完璧に作られたストーリーとか誕生秘話とか(笑)
大爆笑。
だからね、あまり説明はいらないと思うので、皆さん是非とも見て下さいこのサイト!
タタキマン公式サイト様矢印・左何も考えずにクリックして下さい。

そんな、むやみやたらと充実した濃い一日を、二人は全身で(笑)満喫。

あいざるちゃん、本当にありがとう。
また今度沢山創作話もして、大爆笑もしましょう(*^_^*)
沢山笑いましょう。
笑って、歩いて行きましょう。
沢山の穏やかさをくれた貴方に感謝いっぱい。

タタキマンにもね(笑)

そんな一日を終え、蒼羽はまた小説書き♪

ではまた。

悲しくていっぱい泣いた夜の次の日、いっぱい笑えたら、それでいいんだ。

楽しい夢を。

おやすみなさい。

コンテントヘッダー

やまない頭痛みたいに。

毎日が鈍く痛いのは、きっと自身の所為でもあるだろう。

冬だからかもしれない、などとも簡単に考えてみつつ、蒼羽は生きております。

最近UPも出来ていないのは、ご報告通りにただ今ものすごいスピードでオフライン作業状態。
小説を書いている。
「魔女の呟き5章後編」。
前編より長いんじゃないかと思うけど、今回スカナはまた一つ知り、受け入れ、気づき、考え悩み、進む。そういう章でありたいと、ひじょうに粗末な文章力も痛感しつつ、けっこうブツブツ音読しながら書いてる。
そう、蒼羽は、詩はただもの無言で書くんだけれど、小説は、書きながら完璧にその世界にいるので、自分は全部のキャラになってる感じ・・・なのかな。
でもキャラは生んだ瞬間からある程度のスパイスなどをふりかけると勝手に動き出すのでおもしろいもの。
あとはそう、私の文章力。ここが一番の難点。
うん、頑張ろう蒼羽。

本当に、この小説然り、まだまだな文章なのに、次が楽しみだと言ってくれる、次はまだ~!?って聞いてくれる、そんな方がいてくれるから書けるのでもある。
必ず、最後まで書こうと思う。
最後はもう出来ているけれどまだそこには行かないので、もう少しスカナと、彼女を取り巻く世界を見ていてやって下さいませ。
ちょっとした楽しみは、この小説はどんどん自分で造語を作ってみてることかしら?
名前も生き物の種類も存在も、既存の者達と融合させた新しい世界でいいと思っているので迷わず作ってる。
ああ、あと私はこれを書くにあたり、スカナと共に考えて成長したいなと、思いながら書いてるんだ。
だから、スカナが考え込んでる時は蒼羽も考え込んでます(笑)
つまりよく考え込んでます(笑)

今現在自分のノートに書いているので(そのままパソで打ちながら書けないのです私苦笑汗)あとは直しながら打って、UP、になるので、もう少しお時間いただきます。

16日は二回目の、私の尊敬するGackt様が高知にいらっしゃる日。
このツアーも高知に来てくれた事、前回ステージで次も来ると約束してくれた事を守ってくれたこと、感謝いっぱいだし、そろそろドキドキ緊張してきた私ハート

2/16はまた高知オレンジホール震撼いたしますわよキラキラ
多分、ネクタイして真っ黒で行くとは思うのだけれど(笑)、とりあえず男にまた間違われないように(笑)しましょう(笑)
声潰れてOK状態で叫んでくるの~♪

最後に本日は・・・・・・
先日比較的近所にある「ナポリの風」というパスタなレストランに行ってきたんだけれど、何回か行ったけどここはパスタもピッツァもすごく美味しいの絵文字名を入力してください

ワイン美味しい♪
白ワイン頂いてご満悦の蒼羽(笑)こんなものでは酔わないわよblack-GL

可愛いケーキ。
そしてデザートのケーキ!かわいいでしょ!?これがまたすごく美味しかったの♪


こんな感じで時に息抜きしつつ・・・・・時に鬼の形相になりつつ・・・・・時に倒れつつ(笑)蒼羽創作活動は好調で幸せ。

沢山独り言を失礼。

あと、毎回拍手下さる方、本当にありがとうございます。


ではまた。

春を思う夢を。
おやすみなさい。
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

蒼羽

Author:蒼羽
個人創作サイト「永遠満月永久新月」管理人。創作を生きる糧としている自他共に認める(?)魔女の蒼羽(ソウハ)です。

創作しながら生きてゆく事、それが私の一生。

この「月の夜の独り言」は、私の心の一部分を、毎日とはいかないけれど、出来たら長く綴ってみたいと思っていますので、良かったら読んでやって下さい。

黒ねこ時計 くろック D02
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。